2014年7月3日
原材料調達

有名な認証制度

27709b66fc4ac59d88d94511ea5a911f_m

こんにちは、レスポンスアビリティの足立です。

「認証制度はこう選ぶ」に関連して、
原材料の認証制度について質問をいただきました。

それでは、
「具体的にどんな認証制度が広く信頼されているのか?」です。

ごもっともな質問です。

認証制度は非常に多くありますので、
「広く信頼されている」ものすべてを
ここでご紹介するのはなかなか大変です。

なので、今日はこれは本当にメジャーだという
ものをいくつか挙げてみたいと思います。

FSC (Forest Stweardship Council:森林管理協議会)
 林産物・紙

MSC (Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)
 天然水産物

ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)
 養殖水産物

レインフォレストアライアンス(Rainforest Alliance)
 熱帯域の農産物

RSPO (Roundtable on Sustainable Palm Oil:
    持続可能なパーム油のための円卓会議)
 パームオイル

特に1993年に作られたたFSCは、
こうした認証制度の中では比較的歴史があることから、
様々な認証制度を開発する際のお手本にされることも多く、
代表的な認証制度であると言えます。

また、
現在も様々な認証制度が開発され、
カバーする原材料の範囲も拡大しています。

ここに紹介していない認証制度でも、
今後、世界的に広く使われるようになるものも
出てくるでしょう。

どんな認証制度があるのか、
ぜひご自分でも調べてみてください。

「本物のCSR」情報メルマガ

初心者にもベテランにも役立つ
「本物のCSR」情報を無料でお届けします

コメントを残す