1. >
  2. >
  3. マテリアリティ分析サービス



あなたは自信をもって
マテリアリティを特定できていますか?
海外の先進企業はこうやっています!


Trucost_logo
RAI_logo





このような問題を
「マテリアリティ分析」が解決します。


 GRIの新しいガイドライン(G4)では、報告する企業に対して、自社のマテリアリティを特定し、それについて詳細に報告することを求めています。また同時に、マテリアリティをどのように特定したかについても、報告することを求めています。

 これは、報告する企業がサステナビリティを達成するためにも、また社会的な責任をきちんと果たすためにも「正論」であると言えますが、一方で、どのようにマテリアリティを特定したらいいのか? 自社のやり方がステークホルダーに対して説得力を持つのか? 不安な方も多いと思います。

 専門家や有識者に、自社のマテリアリティは何か、インタビューする方法もよく行われていますが、その専門家や有識者の方々は、あなたの会社の事業内容を、サプライチェーンを、どこまで理解しているのでしょうか? そこに盲点はないのでしょうか?

 また、そうしたインタビューやダイアログを通じて、マテリアリティの候補がいくつか抽出できたとして、その中での優先順位はどのように決めたらいいのでしょうか? 定性的な議論だけで、本当にマテリアリティが特定できるのでしょうか?

 こうした疑問や悩みは、「マテリアリティ分析」が解決します。


 マテリアリティ分析は、あなたの会社のサプライチェーン全体にわたって、どのような環境負荷がどこにあるのかを分析するサービスで、特に環境側面におけるマテリアリティを定量的に把握することに非常に役立ち、また説得力があります。

 実際、海外の多くの先進企業がこの手法を用いて自社の環境マテリアリティを特定し、サステナビリティ報告はもちろん、サプライチェーン全体を通じた環境パフォーマンスの改善のために活用しています。

 また、この分析を行なうことは、「統合報告書」などで今大変に話題になっている自然資本への影響の分析や、自然資本会計を推進するためにも役立つものです。



マテリアリティ分析の4つの特徴

1. 様々な環境指標を幅広く網羅
  807項目の環境指標を網羅。各項目の計算結果を、温室効果ガス排出、水使用、
  大気汚染、廃棄物、土地利用等に集約し、わかりやすく示します。

2. 環境負荷を経済的価値に換算
  環境負荷を経済的価値(円)に換算することで、異なる負荷の相互比較を可能に
  します。また、環境負荷の重要性を経営層にわかりやすく説明できます。

3. 世界に通用する分析方法
  Trucostによる環境負荷の定量分析は様々な国際機関やグローバル企業が
  利用しています。デファクトスタンダードに最も近い分析方法といえます。

4. 手間をかけず短期間に分析
  お手元にある購買データと環境データだけで分析できますので、手間が
  かかりません。わずか2ヶ月程度で分析できます。





マテリアリティが適切に特定できれば、
環境リスクに対して効果的な対処が可能になります。


分析のながれ

 入力データの収集 (御社)
  分析には御社の購買データや環境データなど、お手元にある情報を使用します。
 環境負荷の定量化 (Trucost社)
  サプライチェーン全体の環境負荷(温室効果ガス排出、水利用、大気汚染、
  廃棄物、土地利用等)を定量化します。
 経済価値への換算 (Trucost社)
  定量化した環境負荷を、経済価値に換算します。これによって、異なる環境負荷
  を単一の指標(円)で評価し、比較することができるようになります。
 分析結果の解説 (レスポンスアビリティ)
  Trucostによる分析結果をもとに、マテリアリティを特定するとともに、今後の
  取り組みの進め方についてアドバイスいたします。


分析のメリット

materiarity report_sample

※Trucost社について

ロンドンに本拠を置き、世界各国から集めたデータを基に、温室効果ガス、水、大気汚染、廃棄物 などの企業の環境負荷を分析する、この分野での世界的なリーディング企業です。先進的な事例としては、PUMA社の環境P&Lの算出が有名です。






マテリアリティ分析 お問い合わせフォーム

お名前*
貴社名*
所属部署および役職*
電話番号*
Emailアドレス*
Emailアドレス(確認用)*
お問い合わせ内容
(内容についての詳細や
お見積もりのご希望など)



万が一セキュリティ等の関係でお問い合わせフォームに書き込めない方は、
03-6303-9799までお電話いただくか、
・貴社名
・お名前
・メールアドレス
を記載し、表題を「マテリアリティ分析サービスへの問い合わせ」として
info*responseability.jp (*を@に変えてください)までご連絡ください。

Copyright © Response Ability, Inc. All Rights Reserved.