1. >
  2. >
  3. CSRリスク診断サービス

お取引先からのCSR監査への準備は万全ですか?

お取引先からCSRについてのアンケートや監査の協力依頼が増えていませんか?

最近お取引先(注文主)から、製造プロセスについて様々な質問や調査(監査)が入るようになっていませんか?
 
これまではお取引先からの協力依頼と言えば、製品の品質に関して、あるいは食品などであれば工場の衛生管理についての調査や監査だけでした。 これは当然のことですし、特別疑問を感じずに対応なさってきたと思います。

しかし、最近の調査や監査の内容は今までと大きく異なります。
  • 従業員は何時間残業をしているのか?
  • 児童労働はないか?
  • 外国人労働者の処遇は?
  • 給料や残業代の不払いはないか?
  • 給与は男性と女性で平等に支払われているか?

このように、いわゆるCSR調達サプライチェーンマネジメントと呼ばれる、取引先企業に社会的な責任を果たすことを求めるための調査や監査が増えているのです。
 
しかも、こうした調査や監査に誠実に対応しなければ、会社の評価が下がるだけでなく、最悪の場合、取引停止となる例も出てきています。
 
つまり、今やCSRを適切に行うことは、取引をするための条件、つまりビジネスのライセンスになってきているのです!

このようなあなたの疑問や悩みを最短2週間で解消します!


競争力を高め、お取引先から常に確実に選ばれ続ける会社になるために、あなたの会社の戦略的なCSRへの対応をご支援します

今回私たちがご紹介する「CSRリスク診断」は...
あなたの会社のCSRリスクを洗いだし、どこがあなたの会社の弱点なのか明確にします。 あなたの会社がCSRに関して何から取り組めばいいのかの「優先順位」を明らかにし、一覧表にしてお渡しします。 最後にその課題について今後どのように取り組んでいけばいいのか経験豊富な専門コンサルタントが結果をもとに直接アドバイスいたします。


レスポンスアビリティによるリスク診断はここが違います!

  1. 簡単
  2. 正確
  3. 実践的
  1. 御社がすることは、チェックリストの質問にオンラインで回答するだけ!
  2. 事前の特別な準備は一切不要です。1時間程度で回答完了できます。

  3. 御社の現状と潜在的なリスクを正確に診断します!
  4. 国際的な最新の動向を踏まえて、重大なリスクを漏らさずに把握できます。
    どのリスクが大きいのか、優先すべきなのかも正確に診断します。

  5. 何から手をつけたらいいのか、実戦的なアドバイスをします!
  6. この診断は、網羅的にリスクを診断するだけではありません。
    先進的なグローバル企業のCSR調達を指導してきたこれまでの経験に基づき、何が大切な課題なのか、優先すべきなのかを踏まえて、あなたの会社がどこから手をつけたらいいのか、メリハリのきいたアドバイスをいたします。


「CSRリスク診断サービス」とは?

  1. チェックリストによるCSRの現状分析
  2. 弊社が準備した網羅的なチェックリスト(※)で、御社の現状を正確に分析します。チェックリストはすべてオンライン上でご回答いただけます。

    ✓優先的に取り組むべき課題が明らかになります。(一覧表をお渡しします。)
    ✓専門家の視点から作成したリストは、企業の皆さんが見落としやすいリスクを発見
     することができます。

    ※チェックリストは、①社内体制、②コンプライアンス、③人権、④労働安全衛生、
    ⑤環境、⑥社会貢献と分野、207項目にわたります。 もちろん、EICC、JEITA、OHSAS、SA8000の要求項目に対応しています。

  3. 専門家によるコンサルティング(60分 @弊社にて)
  4. 分析結果をもとに、専門コンサルタントが何を優先して取り組めばいいのか、具体的にどのように取り組みを進めればいいのかを直接対面でご説明いたします。もちろん、疑問やご質問にもお答えいたします。


CSRリスク診断サービスの流れ


サービスの流れ

※ オプション(有料)で、経営層向けのレクチャーや社内での講習会、工場視察もお引き受けいたします。具体的な取組みを加速させるために、効果的です。


質問項目の例

こちらで準備したチェックリストにご回答いただければ、それをもとに御社の取り組み状況を分析し、CSRに適切に取り組む上で優先的に取り組むべき課題を明らかにします。
(オンラインでご回答できます。)

分析結果の例



ご相談相手は、環境経営・CSRの第一人者 サステナブルビジネス・プロデューサーの「足立直樹」です


足立写真弊社代表の足立は、元研究者としての環境についての専門的な知見と国際的なネットワーク、企業に対しての環境、サステナビリティ、CSRの豊富なコンサルティング経験を強みとしています。

今回あなたの相談にのらせていただく足立直樹について少しご紹介をさせてください。

◼︎プロフィール 足立直樹 博士(理学) 東京大学理学部、同大学院で生態学を学ぶ。1995年から2002年までは国立環境研究所で 熱帯林の研究に従事する。1999年から3年間のマレーシアの国立森林研究所(FRIM)勤務の後、コンサルタントとして独立。現在は株式会社レスポンスアビリティ代表取締役、一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)理事・事務局長を務める。多くの先進企業に対して、事業を持続可能にする長期経営計画作りとその実行支援、社会を持続可能にすることにつながる事業(CSV)を通じてのブランディング構築(サステナブル・ブランディング)、さらにはサステナブルビジネスのプロデュースを行う。

◼役員・委員等 一般社団法人 いきもの共生事業推進協議会(ABINC)理事、環境経営学会 顧問、サステナビリティ日本フォーラム 評議員、消費者庁 「倫理的消費」調査研究会 委員、環境省 持続可能性をめぐる課題を考慮した投資に関する検討会 委員、 環境省 経済社会における生物多様性の保全等の促進に関する検討会 委員、環境省 名古屋議定書に係る国内措置検討あり方検討会 委員、環境省 生物多様性企業活動ガイドライン検討会 委員、農林水産省 農林水産分野における生物多様性保全推進調査事業検討会 委員なども務める。海外では、BBOP(The Business and Biodiversity Offsets Programme) アドバイザリーグループ・メンバー、The Asian CSR Awards、Asia Responsible Entrepreneurship Awardsなどの審査委員も務める。

◼︎ 著作紹介 『低炭素革命 持続可能な社会を創るために』〔2014年〕(共著) 『地球温暖化とグリーン経済』〔2012年〕(共著) 『社会的責任学入門』〔2011年〕(共著) 『企業のための生態系評価(CEV)ガイド 日本語版』〔2011年〕(監訳) 『生物多様性経営 持続可能な資源戦略』〔2010年〕(単著) 『企業が取り組む「生物多様性」入門』〔2010年〕(監修) 『企業のための生態系サービス評価(ESR)日本語版』〔2008年〕(監訳) 『ゆとりある国・日本のつくり方-ストック型社会転換マニュアル』〔2006年〕(共著) 『グローバルCSR調達』〔2006年〕(共著) 『環境プレイヤーズ・ハンドブック2005』〔2004年〕(共著) その他、論文、報告書、新聞・雑誌への寄稿多数

CSR調達、サプラチェーンマネジメントの専門家として、企業だけではなく、行政やNGOからも頼りにされる存在です。日本を代表する多くの先進企業(いずれも業界最大手)のCSR調達方針の策定を支援して来ました。


ご支援の事例はこちらからご覧いただけます。


株式会社レスポンスアビリティについて

私たちレスポンスアビリティについても簡単にご紹介します。私たちレスポンスアビリティは、事業に役立つ戦略的CSRを推進する専門コンサルティング会社です。日本の大手企業がCSR調達を開始した当初から10年以上にわたり、その仕組みづくりやサプライヤーに対する指導を行ってきました。サプライチェーン全体のリスク分析も行っています。


CSRリスク診断サービス5つのメリットとは?

最後に、このサービスのメリットをまとめます。
  1. 短期間(早ければ2週間程度)で、安価に状況を把握することができます。
  2. チェックリストの内容は国際的な基準を網羅しています。
  3. 見落としがちなリスクを発見することができます。
  4. 今後の課題と取り組みの優先順位を明確にすることができます。
  5. 専門家からのフィードバック、コンサルティングを受けることができます。

CSRリスク診断サービス 定価:120,000円 + 税

少しでも気になるようでしたら、今すぐお問い合わせください!  

CSRリスク診断サービス お問い合わせフォーム
お名前
会社名
部署名
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ご相談内容