1. HOME>
  2. お客様の声一覧

お客様の声
 


レスポンスアビリティと長期にお取り引きいただいている企業の担当者の方から、
弊社のコンサルティングサービスについてご感想を伺いました。

Response Ability Inc.
「困ったら足立さんに聞け」が合言葉。
幅広い知識と知見と人柄に、全幅の信頼をおいています。


 
富士ゼロックス株式会社
CSR部 CSR推進グループ
グループ長
渡辺美紀 様



Response Ability Inc.
「事業と環境」という新分野をともに開拓した同志。
一緒に仕事ができることは〝天恵〟だと思っています。


 
 
味の素株式会社
環境・安全部
専任部長
杉本信幸 様







 社内講演 依頼企業様の声



レスポンスアビリティでは、経営層をはじめとする社内・社外の関係者の方々に、CSRや生物多様性、自然資本など、皆様が取り組んでいる課題の重要性を理解していただくために、社内講演をお引き受けしています。具体的には、環境月間などでの社員向け講演、取引先向け説明会での講演などがあります。また、経営層を対象とした講演も行っており、いずれもご好評をいただいています。


Response Ability Inc.
サプライヤー様向けのご講演の中で、「CSRという幅の広い社会的要請を自ら学び、社内に展開することは難しく、ロームグループが取り組んでいる CSR調達ガイドラインを適用することで、時代に即した社会的なニーズを把握できる」というコメントを頂き、サプライヤー様がロームグループと一体となってCSR調達を実施して頂くメッセージを発信して頂きました。
 
ローム株式会社
CSR本部 CSR室
村井俊文 様





Response Ability Inc.
環境リスクマネジメントが企業価値の向上にとって重要であることが認識できました。企業価値の向上に向けた方向性を示していただけました。


 
三菱地所株式会社
環境・CSR推進部
竹内 和也 様





Response Ability Inc.
経営層に生物多様性への理解と関心をもたらし、活動開始のトリガーになることが十分期待できるセミナーになったと感じています。


 
東洋製罐株式会社
環境・品質保証部 環境部
三富暁人 様







 セミナー参加者の声



レスポンスアビリティはCSRの重要な問題について実践的なセミナーを開催しています。
こうしたセミナーにご参加いただいた方々の声をご紹介いたします。




CSR活動によりブランド力を高め、それによって企業価値を向上させる。そのサイクルをどう実践していくかが大切であり、そのためには企業のぶれない哲学をベースにするべきだと改めて確認できました。(詳しくは動画をご覧ください。)

セコム株式会社 常務取締役 総務本部長 中山泰男 様


今回のセミナーに参加して、「企業の哲学をいかに企業価値に落とし込むかというプロセスと、そのためにはコミュニケーションが重要である」ということが頭に残りました。    (詳しくは動画をご覧ください。)

株式会社竹中工務店 広報部 広報部長 樫村俊也 様


CSR部ですので、セミナー後半のWebのマーケティングについては新しい知識として勉強になりました。うかがった手法はBtoCのお話が中心かと思いましたが、弊社のようなBtoBビジネスにも活用できるとのことでしたので、今後その辺りのお話を聞く機会があればと思います。CSRを活用したブランディングについてはこれからいろいろな面で強化をしていきたいと思っております。

富士ゼロックス株式会社 CSR部 CSR部長 吉江則子 様







持続可能なパーム油の調達など環境について企業が真剣に取り組まなければいけない、そういう時代になったということを再認識できました。実際にどう進めていけばよいのかという情報を発信してくださるセミナーはなかなかないので、次回があれば、ぜひまた参加したいと思っています。

大手化粧品メーカー 環境担当者様



持続可能性に配慮しないパーム油の調達が実際に事業継続リスクになりつつあることが認識でき、また、RSPOの認証取得の手順を具体的に知ることができたことが収穫でした。弊社が何をすべきかは、これから具体的に考えていく必要がありますが、そのきっかけになりました。

大手食品メーカー リスク管理担当者様






非財務情報に関するスモールミーティングを持つなど、投資家とのESGに関するコミュニケーションを始めたところで、自然資本だけでなく社会資本や人材の見方についての具体的な話に非常に興味がありました。 自然資本や社会資本、人的資本をロジカルに数字で示す動きを知ることができたのは大きな収穫で、NPV(正味現在価値)にまで落とし込んで、経営判断に活かしていく考え方には、正直驚きました。

味の素株式会社 CSR部 部長 加藤浩輝様


コーポレートガバナンス・コードが策定され、非財務情報の開示は避けて通れないと考えたため、参加しました。
自然資本プロトコルでアパレル産業が取り上げられ、評価の動きが進んでいることと、海外の非財務情報開示義務化の動向を詳しく知ることができたのが一番の収穫です。
当社は「GREEN IS GOOD」というテーマのもとで10年近く環境負荷低減活動を続けていますが、その取り組みを報告する際に効果の定量的な評価を行うなどしてより充実させたいと考えています。

株式会社ゴールドウィン 総合企画本部
コーポレート・コミュニケーション室長 梶野富宏様


国際的に非財務情報への関心が高いほか、日本でもコーポレートガバナンス・コード策定などの大きな動きがあるため、最新情報を知りたくて参加しました。 日本ではあまり聞けない海外での「自然資本」の活用事例や最新情報を聞くことができ、会社の経営陣に対して環境活動の重要性を経済的側面から説明できる新しいツールとしての「自然資本」の可能性を感じました。 もし再度このような機会があれば、社内の関係者にも参加をすすめたいと思います。

大手製造業 環境部 A様






環境部門だけでは解決できないビジネスの悩みについてじっくりお話しいただき、疑問に感じていることも納得できました。 社内のあらゆる関係者に聞いてもらいたい、とても良いセミナーでした。


イオン株式会社
グループ環境社会貢献部
椛島裕美枝様


広範囲にわたる事業領域を有する弊社グループでも、マテリアリティの特定は急 務と考えており、背景や考え方だけでなく、特定を進める上での考え方、なすべ きことが、このセミナーを通じて明確に整理できたと感じています。

日本電信電話株式会社
環境推進室 
担当課長
津田昌幸様


世の中の動向と、マテリアリティ分析の意義が明確になり、頭の整理ができました。講演の中であった、「グローバルに通用するマテリアリティ特定の進め方」はとても参考になりました。


大手製造業
環境担当
S様(男性)


今までバラバラに動いていると思っていた世界の様々な組織の動きがつながり、世界全体で一つの大きな方向を向いていると知ったことが大きな成果でした。


大手製造業
環境担当
S様(女性)






水リスクへの対応の世界的な変化を学び、水リスクの重要性に対する認識を改めることができました。今後、会社としての水リスク対策を考えたいと思います。

凸版印刷株式会社
製造統括本部 エコロジーセンター
センター長
松澤優一様


世界の先進企業の水リスク対策について多くの事例を伺えたことが大きな収穫でした。今回伺ったことを基に、しっかりした中・長期目標を設定したいと思います。(2013年11月時点)


日産自動車株式会社
経営企画本部 環境企画室
増山若子様


サプライチェーン上流の水リスクを簡単に算定できるサービスが実際にあるとは知りませんでした。サービスの利用を含め、中期経営計画への水リスク対策の盛り込みを検討したいと考えています。


大手製造業
環境担当
N様(男性)





< サプライヤー向けCSR調達セミナー > (2013年9月19日開催)

CSRの要求に対していきなり満点を目指すのではなく、
できるところから順番に、重要なものから手をつける、
という現実に即した提案が印象的でした。


スターバッスクコーヒー株式会社
サプライチェーン本部
購買部 環境推進チーム
関根久仁子様







【資料請求・お問い合わせ】

業務内容に関するお問い合わせ、コンサルティングのご希望など、お気軽にお問い合わせください。弊社担当者から折り返しご連絡をさせていただきます。




【メールマガジンお申し込み】

無料のメールマガジンにお申込いただければ、弊社主催のセミナーの他、タイムリーな情報を毎週無料でお知らせいたします。






レスポンスアビリティのホームページへ戻る

Copyright © Response Ability, Inc. All Rights Reserved.