Response Ability Inc. Response Ability Inc.

第1回『サプライチェーンに潜む莫大な環境リスク』

| 2015/05/22

自然資本「超」入門

===============================================================
第1回  2013年6月24日
『サプライチェーンに潜む莫大な環境リスク』
===============================================================

これから数回にわたり、「自然資本をはかる ~サプライチェーン・リスクの見える化~」というタイトルで、自然資本の定量化とそれがサプライチェーン・リスクの管理にどのように役立つのかを考えていきたいと思います。

初回は、世界の自然資本コストを分析した最新の報告書をご紹介します。

2013年4月にTrucostとTEEB for Business Coalitionが世界の自然資本コストを分析した結果をまとめた報告書を発表しました。
(↓ダウンロードはココから)
“Natural Capital at Risk: the Top 100 Ecternalities of Business”

この報告書によると、2009年の経済活動が必要とした、もしくは開発や汚染によって損ねた自然資本の経済的価値(自然資本コスト)は世界全体で7.3兆ドル(約730兆円)にもなると試算されています。この7.3兆ドルは、石油、鉱物などの資源採掘や農業といった一次産業、一次加工業による環境への影響(土地利用、水利用、温室効果ガス排出、大気汚染、土壌・水汚染、廃棄物)を経済価値に換算したものです。

それにしても、同年の世界のGDPは約58兆ドルですので、私たちは非常に大きな負荷を環境に与えながら、つまり自然資本を削りながら経済活動をしていることがわかります。

ここで皆さんに考えていただきたいことがあります。
今回試算された自然資本コストは、今は私たちは支払っていません。しかし、このコストが内部化されたらどうでしょうか? 私たちは原材料を今と同じように調達し、製品を作り続けることができるでしょうか?

自然資本コストの支払いの例としては排出した温室効果ガスに対して支払う炭素税などが挙げられます。その他にも、汚染物質の排出や水の使用などの環境に関する規制の強化も進んでいます。このような規制が国際的に強まれば、排出に伴うコストも増加するでしょう。

また、水不足による穀物価格の上昇も1つの例として挙げられます。
このことを説明するために、一旦、話を報告書に戻します。

報告書では自然資本コストが高い産業セクター(地域別)をランキングしています。それによると上位20位は以下の通りです。

 1.    石炭発電(東アジア)
 2.    牛の放牧(南アメリカ)★
 3.    石炭発電(北アメリカ)
 4.    小麦栽培(南アジア)★
 5.    稲作(南アジア)★
 6.    製鉄・製鋼(東アジア)
 7.    牛の放牧(南アジア)★
 8.    セメント製造(東アジア)
 9.    上水(南アジア)
 10.  小麦栽培(北アフリカ)★
 11.  稲作(東アジア)★
 12.  上水(西アジア)
 13.  漁業(グローバル)
 14.  稲作(北アフリカ)★
 15.  トウモロコシ栽培(北アフリカ)★
 16.  稲作(東南アジア)★
 17.  上水(北アフリカ)
 18.  サトウキビ栽培(南アジア)★
 19.  石油・天然ガス採掘(東ヨーロッパ)
 20.  天然ガス発電(北アメリカ)

★のマークは農業を示しています。この分析結果から、製鉄や発電だけではなく、農業も自然資本に大きな影響を与え、そして同時に大きく依存していることがわかります。

農業の場合、農地の開発や水の使用よる自然資本コストが大きな割合を占めていますが、水の使用による自然資本コストが高い農作物は、それだけ水不足による影響を受けやすく、干ばつによる収穫量の不足やそれに伴う価格の上昇などのリスクが高いといえます。

もちろん、全ての農場でこのようなリスクがあるわけではありませんが、穀物の種類や生産場所によっては非常に大きなリスクをかかえていることがわかります。

以上のように、サプライチェーンには今はまだ無視できても将来的には無視できなくなるリスクが潜んでいるのです。

それでは、リスクを回避するためにはどうすればいいでしょうか?
トレーサビリティを確保し、原材料の生産地を慎重に選択することが重要でしょう。また、サプライヤーと協働して、環境負荷がより少ないやり方で原材料を生産する方法を考える必要もあるかもしれません。

とはいえ、こんな大変なことをどこから始めたらいいかわからないと感じる方も多いのではないでしょうか? でも大丈夫です。厳密にトレーサビリティを確保しなくてもサプライチェーン上の環境コストを可視化する方法があります。次回以降ではその方法についてご紹介します。

 

自然資本「超」入門

 
 

あなたも、自社の自然資本コストを測定して、サプライチェーンを含めた環境リスクを知りたくありませんか?
そのための簡単な方法をご用意しました。

ご興味のある方はこちらをクリックしてください。