Response Ability Inc. Response Ability Inc.

【No.185】『本物のCSRへのお誘い』

| 2014/07/11

===================================================
【No.185】 2014年07月11日
『本物のCSRへのお誘い』
===================================================

 こんにちは、レスポンスアビリティの足立です。明日の満月より一日早く、CSRに関わる旬のメッセージをお届けいたします。

 以前からこのメールマガジンをお読みいただいている方は、今年最初の号で「そのCSRは役に立っていますか?」というタイトルで私が書いた記事を覚えていてくださる方もいらっしゃるかもしれません。

 CSRが日本に紹介されてから早10年、かなり進化・深化する一方で、形骸化してしまったり、流行に左右されたり、そんなちょっとどうかなと心配になるような状況も散見されます。

 そして一番心配なのが、CSRの課題が増える中で、CSRの重要性は大きくなっているにも関わらず、CSR部の言うことが社内では必ずしも歓迎されていない、という状況です。

 つまり、「CSR部はいろいろとウルサイことを言ってくる」とか、「CSR部は稼ぐわけではないのに、要求が多い」と思われてしまうことです。

 もちろんこれはすべて誤解です。CSRは経営にますます重要になってきていますし、きちんとしたCSRを行なうことで業績にも良い影響があるのです。

 実際、私たちは本業の役に立つCSRしかお手伝いしません。なので、いまお手伝いしているのも、原料調達の安定化をはかることであったり、サプライヤーとの協働であったり、企業価値を高めることであったり、いずれも「役に立つ」CSRばかりです。

 例えば、このところ様々な原材料価格が高騰していますが、これらの多くがCSRと密接な関係があります。CSRをきちんと行なうことでこうした問題に効率よく対処できたり、リスクが管理できるのです。

 ところが、CSR部の方を除けば、多くの企業人はそのことを知りません。なので、「CSR部はウルサイことを言うだけで、役に立たない」、「CSR部はコストセンターだ」などと、誤解されてしまうのです。

 私たちがふだんお手伝いしていることは本業に役立つことばかりです。なのに、CSR部の方々があらぬ誤解を受けたり、社内で評価されないのは大変不本意です。また、事業へ直接的に役に立つかどうか微妙なCSRをまだ行っている会社があるとすれば、とても残念に思います。

 ですので、事業に役立つ「本物のCSR」をもっと世の中に広めたいと考えて、先月から新しい情報発信を始めることにいたしました。前回の《RAIからのお知らせ》でも少しご紹介しましたが、今日はあらためてこの「月の便り」を通じて正式にご案内させていただきます。

 本物のCSRのための情報サイト「サスナビ!」

 4ヶ月前から毎日動画を配信している「サスナビ!」チャンネルと同じ名前ですが、こちらはブログ形式で、毎回読み切りのサラッと読める記事にしていきます。

 「サスナビ!」の思いは、以下の記事からもお分かりいただけると思います。もしこの考えに共感いただけるようであれば、ぜひブックマークをお願いいたします。

 「本物のCSRへのお誘い」

 あなたが訪問して下さることをお待ちしています!