Response Ability Inc. Response Ability Inc.

SB2020横浜での代表足立のセッションがSBサイトで紹介されました。サントリー、イオン、アスクルの役員が語る…

おしらせ | 2020/03/25

ブランドと消費者が連携して「持続可能な暮らし」を実現するには サントリー、イオン、アスクルの役員が語る

ファシリテーター:
足立 直樹 (サステナブル・ブランド国際会議 サステナビリティ・プロデューサー)

■パネリスト:
福本ともみ (サントリーホールディングス執行役員 コーポレートサステナビリティ推進本部長)
三宅香 (イオン執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当)
木村美代子 (アスクル取締役 BtoCカンパニーCOO兼CMO)

 
 ブランドにはいま、商品やサービスを通して持続可能な社会を構築しながら、消費者の望む暮らしを実現する手助けをすることが求められている。しかし社会が抱える課題は広範囲にわたり、ブランドだけ、消費者だけといった単体では持続可能な暮らしは実現できない。消費者の理解を得て、ブランドが消費者と連携してそれを実現していくには何をすべきか。サステナブル・ブランド国際会議2020横浜の基調講演では、サントリーホールディングスとイオン、アスクルの3社が、メーカー、小売り、Eコマースという立場から各社の取り組み、直面する課題、今後について語った。

続きはこちらからご覧ください。(サステナブルブランド・ジャパンのWebへ)