Response Ability Inc. Response Ability, Inc.

過去のお知らせ


私たちレスポンスアビリティは、Business for NatureのCall to Actionに賛同し、参加しました。
おしらせ | 2020/10/23

9月30日の国連生物多様性サミットの場で、Business for Natureが世界600余の企業の声として、各国政府に生物多様性を守るためにより積極的な目標の設定と政策を取るよう呼びかけ(Call to Action)が行なわれました。

レスポンスアビリティもこれに参加しました。
日本からは全部で12社が参加しています。



株式会社ブリヂストン、サステナビリティレポート2019-2020を発行。弊社代表足立が第三者意見を寄せています。
おしらせ | 2020/10/22

株式会社ブリヂストンは、今年7月にサステナビリティレポート2019-2020を発行いたしました。

弊社代表足立が第三者意見を寄せております。

ブリヂストン様のサステナビリティレポートはこちらよりご覧ください。



【メディア掲載】サステナブル・ブランド ジャパンでPwC Japan様へのインタビューが掲載されました。
おしらせ | 2020/10/19

弊社代表足立がサステナビリティ・プロデューサーとしてPwC Japan様にインタビューした記事が、サステナブル・ブランド ジャパンのサイトに掲載されました。

記事詳細はこちらより(SUSTAINABLE BRANDSのWebへ)



代表足立がESD研究所、公開講演会「第3回全国ESD・SDGs自治体会議」で基調講演いたします
おしらせ | 2020/10/07

代表足立が今週の土曜日(10月10日)に開催予定の「第3回全国ESD・SDGs自治体会議」で基調講演いたします。

タイトルは「コロナ危機をチャンスに変える緑の復興(グリーンリカバリー)~持続可能な地域創生をどう実現するか~」です。

ポストコロナの社会像や地域創生にご興味がある方はぜひご参加ください。(事前申込制、無料)

その後の座談会には日本を代表するサステナブルな町や村、市の首長の方々がご登壇になります。

詳細・お申し込みはこちらまで



【メディア掲載】コロナ禍で企業はどう変わったか:第2回SB-Japanフォーラム | SUSTAINABLE BRANDS JAPAN
おしらせ | 2020/09/29

先日開催された研究会の会員向けのプログラム、SB-Japanフォーラムの様子が記事にされました。

代表の足立がファシリテーターとなり、「コロナ禍で企業はどう変わったか」をテーマに、富士通、ベネッセ、LIFULLの3社にお話しを伺いました。

記事詳細はこちらより(SUSTAINABLE BRANDSのWebへ)



季刊『環境会議』2020秋号発売発売のお知らせ〜ウイルス共生社会や生物多様性変わる価値判断の基準とサステナビリティ〜 代表足立も寄稿しております。
おしらせ | 2020/09/07

学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学 出版部は、環境知性を暮らしと仕事に生かす季刊『環境会議』2020秋号を発売いたしました。

■地球会議 2020秋 「サステナビリティ 変わる価値判断の基準」
〜ウイルス共生社会、生物多様性 多角的に捉え、思考する、未来への提言〜

<紹介>
終息の見えない新型コロナウイルス感染症の蔓延は、多くの人に他者との関係や働き方、命のあり方といった価値観の変容をもたらしています。そしてまた、我々人間社会の基盤である地球環境も重大な転換期にあります。各地で頻発する気象災害は、パンデミックとともに、従来の経済優先の価値観について再考を迫るものと言え、社会全体でサステナビリティの実現に向け行動を起こすときがきています。この特集では、多くの方が「サステナビリティとはつながりである」というメッセージを発信しています。多様なフィールドからの知見を集めた本特集が、皆さまの「つながり」と、新たな視野を得るきっかけとなれば幸いです。

弊社代表足立も【パート3】「人と自然との関係を見つめ直す」の中で、『企業はなぜ、どのように「生物多様性」に取り組むのか』を執筆いたしました。

ご興味のある方は、ぜひ『環境会議』2020秋号をお手にとってご覧ください。

詳細はこちらより (PRTIMESのwebへ)



夏季休暇のお知らせ
おしらせ | 2020/08/03

弊社では誠に勝手ながら、夏季休暇のため下記の通り休業させていただきます。

期間中は何かとご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■夏季休暇期間■
2020年8月13日(木)〜2019年8月14日(金)

*2020年8月17日(月)より通常通り営業いたします。

休業期間中、メールでのお問い合わせの受付けは通常通り行っておりますが、返答につきましては夏季休暇後順次の対応となりますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

レスポンスアビリティ



Sustainable Brands Japanに代表足立の寄稿文が掲載されました
おしらせ | 2020/07/31

サステナブル・ブランド・ジャパンのトップストーリーに弊社代表足立の寄稿文『2020年、生物多様性が気候変動と同じくらい重要になる理由』が掲載されました。


『2020年、生物多様性が気候変動と同じくらい重要になる理由』

なぜ今、生物多様性なのか

生物多様性と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。アマゾンの熱帯雨林や色とりどりの熱帯魚が泳ぐサンゴ礁の海かもしれません。あるいは、絶滅が危惧される動物や植物やそれを保護しようとするNGOの活動、そしてそれを支援する企業の社会貢献活動かもしれません。確かにそれも多様な生物の世界とその現状を現していますが、重要なのはそれだけではありません …

◎続きはこちらからご覧ください。(サステナブル・ブランドジャパンのWebへ)



2020年度 第1回SB-Jフォーラム「リジェネレーション」を実現するには―が開催されました
おしらせ | 2020/07/30

サステナブル・ブランド ジャパン(SB-J)では、法人会員コミュニティの2020年度プログラム初回となる「第1回SB-Japanフォーラム」を7月21日、博展(東京・中央)本社で開催しました。フォーラムでは米サステナブル・ブランドが6月にオンライン開催した「SB 2020 Leadership Summit」の報告のほか、世界の最先端の潮流のひとつで今年度のSBグローバルテーマでもある「Regeneration(再生/再生可能性)」についての解説や、企業の影響力を最大限に発揮して持続可能な社会を目指すイニシアチブ「#BrandsforGood」の紹介が行われました。

弊社代表の足立は、SB-Jフォーラムの運営にサステナビリティ・プロデューサーとして加わっており、今回は「今、企業に求められるリジェネレーション」というタイトルで、国内外の企業の事例をもとにリジェネネーションとは何かを講演しました。

詳細はこちらよりご覧ください。



代表足立がベネッセコーポレーション様に新型コロナウイルスへの対応についてのインタビューをいたしました
おしらせ | 2020/07/20

▼Sustainable Brands Japan 特集 コロナ危機を克服する企業のチカラ
「変化を前進する力に変える ベネッセがコロナ危機対応から得たもの」

SBジャパンでは、「コロナ危機を克服する企業のチカラ」と題して、国内外の企業のコロナ・パンデミックに対する取り組みを紹介する特集がスタートしました。

今回のインタビューは、新型コロナへの対応で日本企業の中でも異彩を放っていたベネッセコーポレーションです。その秘密を、陣頭指揮を取られた取締役の橋本英知さんに弊社代表の足立がインタビューいたしました。

会社のパーパス(存在意義)にそって行動する、そしてそれを後押しする会社の姿勢が重要であることが分かります。

インタビュー内容はこちらからご覧ください。(Sustainable Brands Japanのサイトへ)



Sustainable Brands Japan、特集「コロナ危機を克服する企業のチカラ」をスタート!
おしらせ | 2020/07/16

サステナブル・ブランド・ジャパンでは、「コロナ危機を克服する企業のチカラ」と題して、国内外の企業のコロナ・パンデミックに対する取り組みを紹介する特集がスタートしました。

スタートにあたって弊社代表の足立が寄稿したメッセージもどうぞお読みください。

寄稿文:SB特集ページ「コロナ危機を克服する企業のチカラ」スタートにあたり
ポストコロナのより良い世界は、サステナブルな企業が創る」(SBジャパンのサイトへ)




書籍『サステナブルファイナンスの時代 – ESG/SDGsと債券市場』増刷のお知らせ
おしらせ | 2020/07/10

昨年7月に上梓した高崎経済大学 水口剛教授[編著]、野村資本市場研究所「ESG債券市場の持続的発展に関する研究会」の書籍『サステナブルファイナンスの時代』がお陰様でこの度増刷になりますことをお知らせいたします。

この「ESG債券市場の持続的発展に関する研究会(座長:水口剛教授)」には弊社代表の足立も研究会メンバーとして議論に参加いたしました。また、書籍の中では環境的・社会的インパクトの「追加性」の現状と課題としてコラムを執筆しております。(P.130)



SB2020横浜での代表足立のセッションがSBサイトで紹介されました。サーキュラーエコノミーがつくる暮らしのカタチ-企業がいまやるべきことは?
おしらせ | 2020/07/06
サーキュラーエコノミーがつくる暮らしのカタチ―企業がいまやるべきことは?ファシリテーター:
・足立 直樹  (サステナブル・ブランド国際会議 サステナビリティ・プロデューサー)

■パネリスト: 
・中石 和良 氏 (一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン 代表理事)
・原田 武夫 氏 (株式会社西武ホールディングス 社長室 室長 兼 経営企画本部 経営戦略部 部長)
・中島 伸二 氏 (東京ガス株式会社 サステナビリティ推進部 部長 )
・マティアス フレドリクソン氏 (イケア・ジャパン株式会社 Sustainability Sustainability Business Partner )

サーキュラーエコノミー ──言葉こそ以前から知られるようになったが、それが具体的にどういうことを意味しているのか、
はっきり認識している人は少ないだろう。サーキュラーエコノミーによって、私達の生活はどう変わるのか? 
サステナブル・ブランド国際会議2020横浜では、日本におけるサーキュラーエコノミーの第一人者と、
取り組んでいる企業の担当者を招き、それぞれのビジョンを語ってもらった。
そこから見えてきたのは、対応すべき待ったなしの現実と、企業が求められている役割だった。

続きはこちらからご覧ください。(サステナブルブランド・ジャパンのWebへ)



【寄稿文:日本エシカル推進協議会】「いまもっとも必要なエシカル」
おしらせ | 2020/06/01

弊社代表の寄稿文が一般社団法人日本エシカル推進協議会のwebに掲載されました。

■タイトル:「いまもっとも必要なエシカル」

もっとも被害を受けるのはサプライヤーの労働者

大きな災害が起きるといつも、今まであまり表に出なかった問題が一気に顕在化し、もっとも弱い立場の人々がもっとも被害を受けます。今回のコロナ・パンデミックも残念ながら例外ではありませんでした…


続きはこちらよりご覧ください。
(一般社団法人日本エシカル推進協議会のwebへ)



HUFFPOSTに代表足立の寄稿文「生物多様性の視点から考える新型コロナウイルス・パンデミック」が紹介されました
おしらせ | 2020/05/29

先日サステナブル・ブランド ジャパンのニュース(トップストーリー)に掲載された代表足立の寄稿文「生物多様性から見た新型コロナ・パンデミック:本質を見極める」が、HUFFPOST上で紹介されましたのでお知らせいたします。

■はじめてのSDGS
「生物多様性の視点から考える新型コロナウイルス・パンデミック」

相互に依存した複雑な生態系を発達させてきた生物。それを「経済効率性」という指標で最適化させたことが、今回のパンデミックを引き起こしたのです…

続きはこちらよりご覧ください。(HUFFPOSTのWebへ)



環境省、事業者のための「生物多様性民間参画 事例集」及び生物多様性・自然資本に関する「企業情報開示のグッドプラクティス集」を公表
おしらせ | 2020/05/28

環境省から生物多様性の保全を推進する事業者の活動の参考にしていただくために、2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)以降の民間による活動の主な成果を事例としてまとめた「生物多様性民間参画事例集」及び生物多様性・自然資本に関する「企業情報開示のグッドプラクティス集」が公表されましたのでお知らせいたします。

企業情報開示のグッドプラクティス集の作成に当たりましては、弊社も協力いたしました。

詳細はこちら (環境省のwebへ)



【サス経】オンライン・ミーティング「コロナ時代のサステナブル経営」を考える会 毎週絶賛開催中!
おしらせ | 2020/05/21

現在レスポンスアビリティでは、サステナブル経営通信をご講読中の経営者、企業人の方々を中心に、ポストコロナにより良い、よりサステナブルな社会やビジネスを作るための議論の場を毎週1度のペースでオンライン提供しています。

コロナ・パンデミックが終息しても、問題の多かった元の生活に戻るのはナンセンスです。私たちは、よりサステナブルでレジリエントな「ニューノーマル」を作っていくべきなのではないでしょうか?

実際、欧州ではGreen Recovery, Green Restartというアイデアの元、具体的な計画作りが始まっています。

私たちも一緒に知恵をしぼり、日本の環境や社会に合ったニューノーマルを作っていきましょう!

今まで参加された方々も今回初めて参加するという皆様も、どうぞお気軽に議論にご参加いただければと思います。

◎ 詳細・お申し込みはこちらよりご覧ください。



【寄稿文】生物多様性から見た新型コロナ・パンデミック:本質を見極める
おしらせ | 2020/05/18

弊社代表の寄稿文がサステナブル・ブランド ジャパンのニュース(トップストーリー)に掲載されました。

タイトル:生物多様性から見た新型コロナ・パンデミック:本質を見極める

世界のあり方を一変させてしまったコロナ・パンデミック。大変な思いをなさった方も多いと思います。命や健康へはもちろん、経済への影響も日増しに大きくなっています。…

続きはこちら よりご覧ください。
(サステナブル・ブランドジャパンのwebへ)



MS&AD 2020年 企業が語るいきものがたりPart13「2030年に向けた社会変革と企業経営」のwebシンポジウムの動画が公開されました
おしらせ | 2020/04/15

テーマ:「2030年に向けた社会変革と企業経営」
~ SDGs達成の基盤となる自然資本の持続可能な利活用と企業が果たすべき役割~


開催日:2020年3月4日(水)(Webにて開催

弊社代表の足立も第一部の基調講演「EUと欧州企業の動向と日本の企業がとるべき行動」の登壇と分科会2「森林破壊ゼロはこれからの企業の常識になるのか?」のコーディネーターとして参加いたしました。

今回、MS&ADホールディングスのWebサイトでシンポジウムの動画が公開されることになりましたのでご案内申し上げます。

ぜひ、こちらよりご覧ください。(MS&ADホールディングスのWebへ)



ethicaのサイトでSB2020横浜の代表足立の基調講演でのセッション「企業と消費者で進めるグッド・ライフの実現」が紹介されました
おしらせ | 2020/04/15

「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」基調講演

「企業と消費者で進めるグッド・ライフの実現」登壇者


■ファシリテーター:
サステナブル・ブランド国際会議サステナビリティ・プロデューサー 足立直樹
 
■パネリスト:
サントリーホールディングス株式会社 執行役員 コーポレートサステナビリティ推進本部長 福本ともみ 様
アスクル株式会社 取締役BtoC カンパニーCOO兼CMO  木村美代子 様
イオン株式会社 執行役員 環境・社会貢献・PR・IR担当 三宅香 様

企業と消費者で進めるグッド・ライフの実現―サステナブルな社会を目指す企業の取り組みを、消費者とどうシェアするべきか?

持続可能な社会を目指し、グッド・ライフを提供するためのさまざまなプロジェクトを推進する企業があります。しかし、いくら企業が熱心に取り組んでも、消費者の意識が変わらなければ次の時代を切り開く新たな価値の創造には至りません。企業はどのようにして消費者の理解と協力を得ようとしているのでしょうか? 

2020年2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)の基調講演「企業と消費者で進めるグッド・ライフの実現」では、BtoCの先進企業からパネリスト3人が登壇し、企業と消費者の連携について議論を深めました。当日のパネルセッションの内容をレポートします… (続きはこちら)


次へ>