Response Ability Inc. Response Ability, Inc.

過去のお知らせ


第7回サステナブル・ブランド国際会議 2023 東京・丸の内 開催のお知らせ
おしらせ | 2022/12/07

弊社足立がサステナビリティ・プロデューサーを務めるサステナブル・ブランド国際会議2023東京・丸の内の参加申し込みが始まりました。日本での第7回の開催を迎えるサステナブル・ブランド国際会議2023は、ビジネスの中心地である、東京・丸の内で開催いたします。またエリア型カンファレンスとして、インベント事態もアップグレードしています。

今年度のSB国際会議のテーマは、RECENTER & ACCELERATE。持続可能でリジェネラティブな未来を実現するためには、いま一度、点と点を結んでいく作業が重要です。子どもたちの未来のために、過去を振り返り、地に足を着け、自らを見つめ直し、十分な情報を携えた上で、築き上げてきた技術や経験を用いてまい進していくことが求められています。​

歴史上の思想的リーダーが伝えてきたように「点と点を結ぶ」ことを意識的に実践し、協力や連携を改めて育むことで、目指す未来への道が開けるのです。私たちは、将来世代が豊かに暮らせる可能性を狭めることなく、人々が持続可能なライフスタイルを実践し、家族やコミュニティ、地球にとってより健全で健康的な行動をとることを後押しすることで、良い成長を加速させる必要があります。

あらゆる立場の人が共に参加する、学びとネットワーキングのためのコミュニティ、SB2023東京・丸の内に、あなたもぜひご参加ください!

※注意:ご希望のセッションに参加するためには、早めのお申し込みをお勧めいたします!

■日程:2023年2月14日(火)・15日(水)※2日間開催
■会場:東京国際フォーラム・丸ビルホール・JPタワーホール & カンファレンス + Online
■参加者数:5,500名(予定)
■開催内容:セッション、ワークショップ、ネッキとワーキング企画 など
■参加費:有料(事前登録制)
■主催:株式会社博展、Sustainable Life Media, Inc.(本社 米国)

◎プロモーションコード(20%割引コード):SBZRA200
※お申し込みの際に、上記割引コード(英字5桁+数字3桁:8桁のコード)をご入力いただきますと20%割引でお申し込みできます。

◎詳細、お申し込みはこちらよりご覧ください。(SB2023 東京・丸の内のwebへ)



日経ビジネス 特別版『Re JAPAN 2022 xEV開発/SDGs達成を後押しする立役者』に代表足立のインタビュー記事が掲載されました
おしらせ | 2022/11/22

日経ビジネス 特別版(2022年11月21日)『Re JAPAN 2022 xEV開発/SDGs達成を後押しする立役者』に弊社代表足立のインタビュー記事「SDGs 日本のSDGsへの取り組み状況と課題 新たな技術とソリューションが未来を変える」(P.18-P.19)が掲載されましたのでご案内いたします。



地球・人間環境フォーラム主催、ウェビナー第1回(11/22)&第2回(12/2)「森林減少ゼロとアニマル・ウェルフェア〜サプライチェーンのESGリスク」開催のご案内。弊社代表足立も第2回に登壇いたします。
おしらせ | 2022/11/04

一般財団法人 地球・人間環境フォーラムでは、ウェビナー第1回(11/22)&第2回(12/2)「森林減少ゼロとアニマル・ウェルフェア〜サプライチェーンのESGリスク」を開催しますのでご案内いたします。

サステナビリティ分野の課題が顕在化する中、ESG(環境・社会・ガバナンス)の課題はその種類も範囲も拡大し、企業に期待される役割も大きくなっています。新たなESGリスクとして注目したいのは「アニマル・ウェルフェア」です。

本ウェビナーでは、森林関連コモディティをめぐる海外の最新動向を紹介し、リスクコモディティの一つである畜産牛や皮革との関連から、畜産動物における企業にとってのアニマル・ウェルフェアのリスクにも触れます。日本企業が何に取り組んでいくことが求められているのかという視点で情報提供を行います。

弊社代表の足立も第2回(12/2開催)に「日本企業のESGリスクへの対応:新たな分野にどう取り組めばよいか」という演題で登壇する予定です。

◎詳細・お申し込みはこちらよりご覧ください。(地球・人間環境フォーラムのwebへ)



サステナブル・ブランド国際会議 特別企画 BRANDS FOR GOOD+SUMMIT 開催のお知らせ 弊社代表足立も登壇します。
おしらせ | 2022/11/02

サステナブル・ブランド ジャパン(SB-J)では、来たる11月29日、サステナブル・ブランド国際会議 特別企画”BRANDS FOR GOOD + SUMMIT”を開催します。

今、ブランディングという言葉が見直されています。 生活者が理想とする豊かさの概念が移り変わり、モノを売るための時代から、 社会に問いかける時代へとブランドの存在意義が問われるようになりました。

商品やサービスだけでは伝えきることの出来ない《 ブランドとしての在り方 》を どのように伝えていけばよいのか?生活者と企業はどこに接点を生み出せば良いのか?
ここ数年注目が高まる《 パーパス 》の策定から、生活者の共感を呼ぶ具体的な コミュニケーションまで、人にも地球にもやさしいブランドの在り方について議論します。

弊社代表足立もSB国際会議 サステナビリティ・プロデューサーとしてセッションに登壇いたします。

<開催概要>
■会期:2022年11月29日(火)13:00-18:30(12:30受付開始)
■会場:室町三井ホール&カンファレンス
■定員:200名
■参加費:有料(5,500円 *税込み/事前登録制)
■主催:サステナブル・ブランド ジャパン(株式会社博展)
■対象:マーケティング・コミュニケーション部門担当者、ブランド戦略・管理部門担当者、CSR/サステナビリティ部門担当者、マーケティングコンサル企業、広告代理店、クリエイター 他

◎詳細・お申し込みはこちらより (サステナブル・ブランド ジャパンのWebへ)



一般社団法人日本エシカル推進協議会では、「エシカルアカデミー2022-2023」を開講・募集いたします。弊社代表足立も講師として登壇いたします。
おしらせ | 2022/11/01

弊社代表足立が理事・副会長を務めている一般社団法人日本エシカル推進協議会では、昨年度に引き続き、「エシカルアカデミー 2022-2023」を開講いたします。今年度はエシカル基準の解説に加え、基準の内容に則したゲストスピーカーをお迎えし、より実践的な講義をお届けいたします。初めて受講される方にも、昨年度受講された方にもご満足いただけるようなプログラムとなっております。

◎詳細・お申し込みはこちらよりご覧ください。 (日本エシカル推進協議会のWebへ)



日本橋 SUSTAINABLE SUMMIT 2022開催のお知らせ、弊社代表足立も登壇します
おしらせ | 2022/11/01

サステナブル・ブランド ジャパン(SB-J)は、一般社団法人日本橋室町エリアマネジメントと共同で、来たる11月28日に、日本橋 SUSTAINABLE SUMMIT 2022 -人的資本の好循環 -食・教育・働き方・エネルギー -を開催いたします。

日本橋は江戸時代より、全国から人が集まり、新たなビジネスが生み出される場所でした。地域と都市をつなぐだけではなく、知見·技術·ビジョンといった人的資本を循環させ、地域同士の交流·異業種間での共創を促すことで「日本のハブ」を担ってきた歴史があります。

【人的資本の好循環】をテーマに掲げる、2022年度「日本橋 サステナブル サミット」には、地域と東京をかき混ぜるイノベーターが集結。各地·各分野から課題·事例を持ち寄ることで、ハブ機能を最大化させ、日本橋から、東京そして日本に活力をもたらすことを目指します。

サミットでは、食·教育·働き方·エネルギーの4つのテーマのもとに議論が展開されます。また情報発信だけではなく、参加者が交流できる場を充実させることで、共創を後押しします。

弊社代表足立も室町三井ホール&カンファレンスで行われるエネルギーセッションとクロージングセッションに登壇いたします。

<開催概要>
■会期:2022年11月28日(月)11:45-19:15
■会場:街一体型MICE(室町三井ホール&カンファレンス、野村コンファレンスプラザ日本橋の2会場にて同時開催)
■参加費:2,000円(税別)
■主催:一般社団法人 日本橋室町エリアマネジメント
■共催:サステナブル・ブランド ジャパン(株式会社博展)

◎詳細・お申し込みはこちらより (日本橋室町エリアマネジメントのWebへ)



WWF、『生きている地球レポート2022 -ネイチャー・ポジティブな社会を実現するために-』を発表、弊社代表足立もプレスリリースに参加しました
おしらせ | 2022/10/14

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は2022年10月13日、地球環境の現状を報告する『生きている地球レポート2022 -ネイチャー・ポジティブな社会を実現するために-』を発表しました。

このプレスリリースでは、生物多様性の豊かさを測る数値が、1970~2018年の過去約50年間で69%減少している最新の報告をふまえ、気候と生物多様性の両方の危機を同時解決する変革の重要性と、ビジネスや政治のリーダーによる喫緊の対策の必要性を訴えました。

弊社代表足立も専門家の一人として、本プレスリリースに登壇し、そのコメントがいくつかのメディアに引用されました。

レポートはこちらよりご覧ください。(WWFジャパンのWebへ)





エシカルサミット2022開催のお知らせ
おしらせ | 2022/10/11

弊社代表足立が理事・副会長を務める一般社団法人日本エシカル推進協議会(JEI)では、来たる10月28日(金)に「エシカル・サミット2022」を現地及びオンライン配信でのハイブリッド方式で開催いたします。

今回のテーマは、「エシカル・トランスフォーメーションを今こそ加速・定着させよう! 〜企業経営からライフスタイルまで”エシカル”で発展する〜」です。

皆さんのご参加をお待ちしています。

<概要>
【主催】 一般社団法人 日本エシカル推進協議会
【後援】 環境省、消費者庁、環境新聞社(予定)
【協賛】 株式会社ウェイストボックス、株式会社リーテム(募集中)
【日時】 2022年10月28日(金)10:00~19:30       
【場所】 ベルサール神保町及びオンライン(Zoomウェビナー)
     (千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館2F)
【人数】 現地会場100名、オンラインは上限無し

◎詳細・お申し込みはこちら (JEIのWebへ)



SB-J:コミュニティ・ニュース&コラム「バイオ×ケミカルでイノベーションを起こす 積水化学の生物多様性戦略」インタビュー記事掲載のお知らせ
おしらせ | 2022/09/30

この度、サステナブル・ブランド ジャパンのサイトに、積水化学工業の上脇太・代表取締役専務執行役員と弊社代表足立のインタビュー記事が掲載されましたのでご案内いたします。

“昨今、カーボンニュートラルに次ぐ世界の目標はネイチャーポジティブだと言われる。TNFD(自然関連財務開示タスクフォース)の開発や、今年12月にカナダで開かれる国連生物多様性条約の第15回締約国会議(COP15)を前に、気候危機と生物多様性の危機は同時に解決すべき問題だという認識は強まるばかりだ。

こうした生物多様性の問題意識の高まりに、日本企業はどう対応し、どのようなビジョンのもとに製品を開発しているのか――。20年以上前から、生物多様性の保全を標榜し、本業を通じた社会課題の解決に取り組む積水化学工業の上脇太・代表取締役専務執行役員に、生物多様性経営の専門家である足立直樹・サステナブル・ブランド国際会議サステナビリティプロデューサーが、インタビューした…”

続きはこちらよりご覧ください。 (サステナブル・ブランド ジャパンのWebへ)



『サントリー天然水の森 生物多様性「再生」レポート』発刊のお知らせ
おしらせ | 2022/09/22

サントリーホールディングス株式会社は、『サントリー天然水の森 生物多様性「再生」レポート』を9月21日(水)に発刊しました。「サントリー天然水の森」における先進的な取り組みについてのレポートは初めての発行になります。

弊社代表足立も本レポートに「ネイチャー・ポジティブ 2030 水源涵養から生物多様性•生態系の再生へ」コメントを寄せております。(P.35)

サントリー天然水の森 生物多様性「再生」レポート WEB版はこちらよりご覧ください。(サントリーグループ様のWebサイトへ)



夏季休暇のお知らせ
おしらせ | 2022/08/03

弊社では誠に勝手ながら、夏季休暇のため下記の通り休業させていただきます。

期間中は何かとご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■夏季休暇期間■
2022年8月12日(金)〜2022年8月15日(月)

*2022年8月16日(火)より通常通り営業いたします。

休業期間中、メールでのお問い合わせの受付けは行っておりますが、返答につきましては夏季休暇後順次の対応となりますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

レスポンスアビリティ一同



代表足立のインタビュー記事がトヨタ自動車ポータルサイトGAZOOに掲載されました
おしらせ | 2022/07/20

先日、弊社代表足立が日本エシカル推進協議会副会長として、トヨタ自動車が運営するコンシューマー向け情報提供ポータルサイト”GAZOO“から取材を受け、その際のインタビュー記事「SDGsとどう向き合うべき? クルマと” エシカル”に付き合うには」が同サイトに紹介されましたのでご案内いたします。

インタビュー記事「SDGsとどう向き合うべき? クルマと” エシカル”に付き合うには」はこちらよりご覧ください。



代表足立のインタビュー記事「生物多様性と経済 識者に聞く」が朝日新聞夕刊に掲載されました
おしらせ | 2022/07/07

7月7日の朝日新聞夕刊に代表足立のインタビュー記事「生物多様性と経済 識者に聞く」が掲載されましたのでご案内いたします。

こちらよりご覧ください。(朝日新聞デジタル版:有料記事)

※オンラインは有料記事となっておりますが、7月7日の夕刊ですので、紙のものが皆様のお手元にあるようでしたらそちらをご覧ください。



代表足立が24時間チャリティーリレーセッション”Sustainability For Ukrain”に登壇いたしました
おしらせ | 2022/06/30

世界の持続可能性を根幹から揺るがすウクライナでの戦争が始まりすでに4ヶ月以上が経ちました。そのような中、CSRウクライナ等の呼びかけで、去る6月21日に24時間のチャリティーリレーセッション”Sustainability For Ukrain(サステナビリティ・フォー・ウクライナ“が開催され、日本からはサステナブル・ブランドジャパンが参加いたしました。

弊社代表の足立もサステナブル・ブランド国際会議のサステナビリティ・プロデューサーとして、本セッションに登壇し、パネリストの方々とウクライナ後の世界で経営に求められるエシカルな視点についてセッションいたしました。

パネリストは、3月にウクライナを取材したドキュメンタリー作家の小西遊馬氏の報告に始まり、ファッションの現場で長年健全なものづくりに向き合ってきた関係者らが戦争と企業経営の在り方について議論しています。

この度、そのセッションの模様がサステナブル・ブランドジャパンのサイトに紹介されましたのでご案内いたします。

詳しくはこちらよりご覧ください。(サステナブル・ブランドジャパンのWebへ)



「食と暮らしと環境のオンラインサロン」スタートのお知らせ
おしらせ | 2022/05/17

この度、「食と暮らしと環境のオンラインサロン」をスタートいたします。

現在、心痛むウクライナの戦争、気候変動による自然災害、そして世界に蔓延するコロナなど、不安な出来事が多い時代です。そもそも、私たちの豊かな生活は、私たちが知らずのうちに、貧しい国々の人々に負担をかけたり、地球を傷つけながら成り立っていることも一般的に知られるようになって来ました。

私たちは今、分岐点にいます。これから数年間の私たちの行動が、この先数百年にわたって影響を及ぼすと言われています。しかし、そうしたことを学び、語り合う場所はそんなに多くはありません。

ならばそんな場を作ろうと、食の業界に変化をもたらそうとチャレンジし続けているフードアクティビストの田中愛子先生とフェアトレードのマーケットを作り実践してきた高津玉枝氏、そして弊社代表足立の3人でこのサロンを立ち上げました。

世界で起こっていることを多面的に学び、未来のことを率直に語りあえる仲間を育む場を、サステナブルな社会に向けてのレシピ(処方箋)をみんなで考え、行動していきたいと思います。

<コンテンツ>
■月に2回のZOOM配信
■メンバー同士の交流
■オフ会
■その他

このサロンは、こんな方たちにおすすめです!
・よりよい未来を残すために知識を得て、実践したい方
・ビジネスにサスティナブルな要素を加えたい方
・よりよい未来を語り合える仲間を創りたい方
・共にサスティナブルな事業を行う仲間を見つけたい方
・自分で納得した人生を設計したい方
・未来を見据えた事業計画を作りたい方

◎詳細・入会についてはこちらから



キユーピーグループ様、『統合報告書2022年版』を発行。髙宮社長と弊社代表足立のサステナビリティ対談も掲載されています。
おしらせ | 2022/04/26

この度キユーピーグループ様が、『キユーピーグループ統合報告書2022』を発行されましたのでご案内いたします。

統合報告書(P.13-14)では、髙宮社長と弊社代表足立とのサステナビリティ対談「ビジョンが創り出す持続可能性」も掲載されています。

キユーピーグループ様の企業活動の全体像や企業価値創造に向けた戦略・計画を総合的に報告している『統合報告書2022』はこちらよりご覧ください。



環境省、第1回ネイチャーポジティブ経済研究会の議事録・資料等を公開
おしらせ | 2022/04/19

環境省は、この度、3月22日(火)に開催された「第1回ネイチャーポジティブ経済研究会」の議事次第・議事録・資料・当日の映像を公開しました。

弊社代表の足立も委員のメンバーとして参加しております。

こちらよりご覧ください。(環境省のWebへ)



株式会社竹中工務店様、「竹中コーポレート2022」を発行。弊社代表足立が第三者意見を寄せています。
おしらせ | 2022/04/11

株式会社竹中工務店様が、サステナビリティレポート「竹中コーポレートレポート2022」を発行されました。

竹中コーポレートレポート2022」は、竹中グル−プのグループCSRビジョンを示すとともに、グループ事業全体の取り組みをわかりやすくお伝えするものです。

弊社代表足立が「第三者からの提言」を執筆し、Web版に掲載されています。

竹中工務店様のサステナビリティレポートはこちらよりご覧ください。



へいわ創造機構ひろしま(HOPe)、グローバル・アライアンス「持続可能な平和と繁栄をすべての人に」の設立を発表
おしらせ | 2022/04/06

へいわ創造機構ひろしま(HOPe)では4月5日、国際NGO等と共に、2030年以降のポストSDGsに核兵器廃絶を働きかけるグローバル・アライアンス『持続可能な平和と反映をすべての人に(英語名:Global Alliance “Sustainable Peace and Prosperity for All”)』の設立を発表しました。

同団体の設立に合わせて、「「脱核兵器」と持続可能性 ポストSDGsに向けた転換と移行のための課題とビジョン」も発表されています。

今回のこのビジョン策定にあっては、弊社代表の足立も「核軍縮と持続可能な未来に関するアドバイザリー・グループ」のメンバーとして参加いたしました。

詳細はこちらよりご覧ください。(国際平和拠点ひろしまのwebへ)



WWFジャパン「生物多様性スクール」の第4回セミナーで代表足立が登壇いたします
おしらせ | 2022/04/04

WWFジャパンでは、2022年1月から6月にかけて、全6回(予定)の「生物多様性スクール」を開催いたします。この度、第4回「生物多様性とビジネス」にて、弊社代表の足立が登壇することになりましたのでご案内いたします。

【概要】
■開催日時:2022年4月27日(水)16:00-18:00
■場所:Zoomによるオンラインセミナー
■参加費:無料
■主催:WWFジャパン

◎詳細・お申し込みはこちらより(WWF JAPANのWebへ)


次へ>