Response Ability Inc. Response Ability, Inc.

過去のお知らせ


日本エシカル推進協議会(JEI)、JEIエシカルアカデミー10月開講のお知らせ
おしらせ | 2021/09/21

一般社団法人日本エシカル推進協議会では、「JEIエシカル推進基準」の策定を進めてきましたが、この度パブリックコメントも無事終了し、その結果を反映させ、10月に公開する運びとなりました。つきましては、本「JEIエシカル基準」について多くの方に理解を深めていただくため、全6回の講座をオンラインで開催することと致しました。

SDGsの取り組みとともに、商品やサービス、さらにはブランドがエシカルであることが訴求されることが近年増えてきました。しかし、実は “エシカル” について、広く合意された明確な定義がないため、エシカルという言葉が一人歩きしているように思われることも少なくありません。エシカルに関しての明確な定義や基準がない中では、何がどの程度エシカルであるのか、また不十分な点が残るかが分かりにくく、製造・販売する企業にとってはもちろん、消費者や投資家の側にも不都合が多く生じます。

そこでJEIは、真のエシカルとはどのような状態を指すのかを明確に示し、また理解できるよう、「JEIエシカル基準」を策定すべく数年にわたって議論を続け、ついに、「JEIエシカル基準」を策定いたしました。策定した「JEIエシカル基準」を多くの方にご理解いただくため、今回、講座を企画いたしました。

第1回目(2021年10月21日開催)の講義「エシカルの概念とエシカルな経営」は、エシカル基準担当ワーキンググループのリーダー(基準作成担当理事)として基準作りに参加してきた弊社代表の足立が担当いたします。

皆様のご参加をお待ちしています。

◎詳細・お申し込みはこちらより(日本エシカル推進協議会のWebへ)



日本エシカル推進協議会、「JEIエシカル基準(案)」パブリックコメント募集のお知らせ
おしらせ | 2021/08/24

一般社団法人日本エシカル推進協議会では、これまで「JEIエシカル推進基準」の策定を進めてきました。

弊社代表の足立は、エシカル基準担当ワーキンググループのリーダー(基準作成担当理事)として基準作りに参加しています。

つきましては、日本エシカル推進協議会では8月24日(火)から9月13日(月)までの3週間にわたり、「JEIエシカル基準(案)」について広くご意見を募集しています。

組織としてのご意見はもちろん、個人の立場でのご意見も歓迎いたします。
どうぞお気軽にご意見をいただけますようお願いいたします。

なるべくいろいろな立場の方からご意見をいただきたいと思いますので、関心をお持ちいただけそうな方へもこのお知らせを共有いただけますと大変嬉しく思います。

詳細につきましてはこちらよりご覧ください。(日本エシカル推進協議会のWebへ)

JEI基準作成担当理事 足立直樹



毎日新聞に、東京五輪についての代表足立のインタビュー記事が掲載されました
おしらせ | 2021/08/19

先日、弊社代表足立が毎日新聞に先に開催された「東京オリンピック」についての取材を受けました。
その時のインタビュー記事が毎日新聞のWebサイトに掲載されましたのでご案内いたします。

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現を目指した東京オリンピック。
気候変動対策など、先進的な取り組みを期待されていましたが果たしてその評価はいかに?

『SDGsの「お手本」期待された東京五輪 専門家「むしろ後退」』(毎日新聞のサイトへ)



Sustainable Brands Japanに代表足立の寄稿文が掲載されました
おしらせ | 2021/08/05

サステナブル・ブランド・ジャパンのトップストーリーに弊社代表足立の寄稿文『生物多様性の危機ーー投資家が気候危機の次に注目する世界の潮流とは』が掲載されました。


生物多様性の危機ーー投資家が気候危機の次に注目する世界の潮流とは』

 こんにちは、サステナブルビジネス・プロデューサーの足立です。久しぶりの記事になりましたが、これから何回か集中して、私の専門分野である生物多様性の最近の動きについてご紹介したいと思います。というのも、生物多様性条約のCOP15を控え、日本でも徐々に生物多様性への関心が高まって来ているからです。そうした中で最近もっともよく受ける質問が、「TNFDはどうなるのか?」「どう対応したらいいのか?」というものです…(続く)


◎続きはこちらからご覧ください。(サステナブル・ブランドジャパンのWebへ)



夏季休暇のお知らせ
おしらせ | 2021/08/02

弊社では誠に勝手ながら、夏季休暇のため下記の通り休業させていただきます。

期間中は何かとご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■夏季休暇期間■
2021年8月12日(木)〜2021年8月13日(金)

*2021年8月16日(月)より通常通り営業いたします。

休業期間中、メールでのお問い合わせの受付けは通常通り行っておりますが、返答につきましては夏季休暇後順次の対応となりますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

レスポンスアビリティ



【SB-J】サステナブル・オフィサーズ 第53回 伊藤忠商事副社長小林文彦様へのインタビュー記事掲載のお知らせ
おしらせ | 2021/07/12

弊社代表の足立が伊藤忠商事副社長の小林文彦様へインタビューした記事が、サステナブル・ジャパンのサイトに掲載されました。

■伊藤忠の強さを支える三方よし:
一般炭権益から完全撤退  2040年までに「オフセットゼロ」実現へ

「消費生活を支える基盤産業」としての認識、コロナ禍でさらに強く



『グローバルネット2021年6月(367号)』に代表足立の執筆記事が掲載されました
おしらせ | 2021/06/18

一般社団法人 地球・人間環境フォーラムが発行している機関紙『グローバルネット2021年6月(367号)』の特集「生物多様性回復のために〜愛知目標からの10年とこれからの10年に向けて〜」に弊社代表足立の執筆記事が掲載されたことをお知らせいたします。

■特集記事タイトル:「COP15以降、企業がもとめられること」(P.6〜P.7)

→ 詳細はこちら(地球・人間環境フォーラムのWebへ)



SBセッション「パーパスを生かして実現するぶれない企業経営」ー ネスレ日本、竹中工務店、フィリップ モリス ジャパンの3社の登壇 ー
おしらせ | 2021/04/28

2月24日、25日の二日間に渡りパシフィコ横浜で開催されたサステナブル・ブランド国際会議2021横浜で、弊社代表足立がファシリテーテーターを務めたセッション、「パーパスを生かして実現するブレない企業経営」の様子が、サステナブル・ブランド ジャパンのサイトで紹介されましたのでご紹介いたします。

企業のパーパス(存在意義)を再確認し明文化することで、さまざまなメリットが表れる。一貫した経営姿勢による事業の策定と推進は企業経営そのものを持続可能にするだけでなく、社会の潮流の変遷に合わせた根本的で大きな事業の変革の際にも、経営のアンカー(錨)として機能するだろう。サステナブル・ブランド国際会議2021横浜のセッション「パーパスが作るブレない経営」に登壇したのは、まさにパーパスを生かし、その実現を目指すことで確固とした土台に基づく企業活動を行う、代表的存在とも言える3社だ…

続きはこちらよりご覧ください。(サステナブル・ブランド ジャパンのWebへ)



株式会社竹中工務店様、「竹中コーポレート2021」を発行。弊社代表足立が第三者意見を寄せています。
おしらせ | 2021/04/23

株式会社竹中工務店様が、今年3月にサステナビリティレポート「竹中コーポレートレポート2021」を発行されました。

竹中コーポレートレポート2021」は、竹中グル−プのグループCSRビジョンを示すとともに、グループ事業全体の取り組みをわかりやすくお伝えするものです。

今回弊社代表足立が「第三者からの提言」を執筆し、P.47に掲載されています。

竹中工務店様のサステナビリティレポートはこちらよりご覧ください。



京都市生物多様性プラン(2021-2030)の策定と公開について
おしらせ | 2021/04/01

弊社代表足立が検討委員として参画した「京都市生物多様性プラン(2021-2030)」が、2年間の検討期間を経てついに完成、公開されました。

単に生物を守るのではなく、「京都らしさ」など、人間の生活や文化を守るためにも生物を守る、大切にすることを謳い、また活動を行うというのがポイントになっています。

京都市と関係のある皆様はもちろん、ご関心のあるすべての方にご覧いただき、またご活用いただけますことを願っています。

私どもも、今後はこのプランを実際に推進することに協力して参る所存です。


京都市生物多様性プラン(2021-2030)こちらよりご連絡ください。(京都市のWebへ)



FINANCIAL TIMES Mainstreaming biodiversity: Mitigating risks by conserving nature 〜Business initiatives for biodiversity〜
おしらせ | 2021/03/29

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの顧問で企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)会長である藤井史朗氏が、FINANCIAL TIMESのインタビューを受け、日本企業の生物多様性保全のための取組みの成果と今後の展望をお話しされました。

弊社代表足立もJBIBの事務局長として一緒にインタビューを受けました。

◎インタビュー内容はこちらよりご覧ください。(FINANCIAL TIMESのWebへ)



サステナビリティの先、環境を再生する「リジェネレーション」は健全な土壌の回復がカギ -サントリーホールディングス✖️MHDモエ ヘネシーディアジオ✖️米パタゴニア✖️バリラジャパンの対談 –
おしらせ | 2021/03/24

2月24日、25日の二日間に渡りパシフィコ横浜で開催されたサステナブル・ブランド国際会議2021横浜で、弊社代表足立がファシリテーテーターを務めたセッション「土から始まる Regenerations」の様子が、サステナブル・ブランド ジャパンのサイトで紹介されましたのでご紹介いたします。

 現在の環境危機を乗り越えるには、環境負荷をゼロにするだけでなく、その先の環境を再生することまで考える「リジェネレーション」が大事だという企業が増えている。サステナブル・ブランド国際会議2021横浜のテーマともなっている「リジェネレーション」について先進的な取り組みをするサントリーホールディングス、MHDモエ ヘネシーディアジオ(東京・千代田)、米パタゴニア、バリラジャパン(東京・千代田)の4社がセッションに登壇し、具体的な活動や方向性を発表した…

続きはこちらよりご覧ください。(サステナブル・ブランド ジャパンのWebへ)



SPEED研究会特別セミナー 開催のお知らせ グリーントランスフォーメーション -2021年におけるサステナビリティ科学・経営の展望 –
おしらせ | 2021/03/22

2020年は新型コロナにより世界は大きく変貌しました。感染症対策に伴う移動制限等により、飲食・観光・運輸業を中心に大幅にGDPは減少し、食糧不足・貧困・不平等など各地で悪化する一方で、デジタルトランスフォーメーションの急速な進展と脱炭素技術に対する大胆な投資が起きています。2021年は、コロナ禍とコロナ後のサステナビリティ社会を日本で、世界で実体化していく極めて重要な年となります。

気候変動はIPCC第六次報告書の発行、SBTによる2050年実質ゼロ目標の基準策定、国内では2030年温室効果ガス削減目標が見直されます。生物多様性では、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)が発足し、自然資本が財務に与える影響の報告体系が本格的に開始されます。資源循環では欧州連合がサーキュラーエコノミーのタクソノミーを新たに作成します。非財務情報開示では、証券取引所によるTCFDの提言に基づく開示の義務化が始まっています。

サステナビリティの科学と経営が大きく変わる現在、その動向を適切に把握しておくことが極めて重要です。SPEED研究会では、気候変動、生物多様性、資源循環、ESGについて、分野を代表する専門家に登壇いただき2021年を含む今後の展望について講演頂きます。

CO2排出量は継続して年率7%を超える削減を実現できるのか、残された10年のなかでSDGsは達成されるのか、グリーントランスフォーメンションを先駆けて実現するために必須となる情報をもとに協議します。

弊社代表足立も、「今年再び注目を浴びる生物多様性、COP15、そしてTNFD」と題して登壇いたします。
ぜひ、ご参加ください。

<概要>
■テーマ:
SPEED研究会特別セミナー 
グリーントランスフォーメーション
-2021年におけるサステナビリティ科学・経営の展望 -
■開催日時:2021年3月29日 (月) 9:10 〜16:20
■会場:アルカディア市ヶ谷  4階「飛鳥」・オンライン併用開催
※SPEED会員は当日会場参加またはオンライン参加に加えて録画視聴可
※非会員はオンライン参加可(非会員お申し込みフォームより要事前申込)

◎詳細(プログラム)・お申し込みはこちら (SPEED研究会のWebへ)


ブランディングとマーケティングはサステナビリティ推進の両輪――資生堂と富士通の「CXO」が対談
おしらせ | 2021/03/15

2月24日、25日の二日間に渡りパシフィコ横浜で開催されたサステナブル・ブランド国際会議2021横浜で、弊社代表足立がファシリテーテーターを務めた「ブランディングとマーケティングはサステナビリティ推進の両輪」の様子が、サステナブル・ブランド ジャパンのサイトで紹介されましたのでご紹介いたします。


 企業価値の創造につなげるサステナビリティを進める上で、ブランディングやマーケティングをどう生かしていけばよいのかーー。企業によってはこうした点に頭を悩ませている社員も多いのではないだろうか。サステナブル・ブランド国際会議2021横浜の基調講演では、資生堂の岡部義昭チーフブランドイノベーションオフィサーと、富士通の山本多絵子チーフマーケティングオフィサーの2氏による対談のセッション「CXOが語る、企業価値を創るサステナビリティ」で、ブランディングとマーケティングの観点からサステナビリティ推進の糸口を探った…

続きはこちらよりご覧ください。(サステナブル・ブランド ジャパンのWebへ)



ストーリーで語るサステナビリティ:つくりたい未来をどう実現するか – MS&ADインシュアランス ✖️セールスフォース✖️NEW HEROの対談 –
おしらせ | 2021/03/12

2月24日、25日の二日間に渡りパシフィコ横浜で開催されたサステナブル・ブランド国際会議2021横浜で、弊社代表足立がファシリテーテーターを務めたセッション「ストーリーで語るサステナビリティ:つくりたい未来をどう実現するか」の様子が、サステナブル・ブランド ジャパンのサイトで紹介されましたのでご紹介いたします。

 近年、ビジネスシーンで重要視されているストーリーテリング。その手法を用いて、社内外のステークホルダーにサステナビリティに関するメッセージを効果的に伝えることに取り組んだMS&ADインシュアランスグループホールディングス、セールスフォース・ドットコム、一般社団法人NEW HEROの3者が登壇しストーリーの重要性について話し合いました。

続きはこちらよりご覧ください。(サステナブル・ブランド ジャパンのWebへ)



企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)の活動説明会開催のお知らせ
おしらせ | 2021/02/25

弊社が事務局を務めている一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブでは、JBIBの活動にご興味をお持ちの企業様に向けて、活動説明会(オンライン)を開催することにいたしました。

JBIBは生物多様性に長年取り組んできた企業から、これから生物多様性に取り組み始めようとする企業まで43社が集まり、研究会の開催、先進事例の情報共有、本業を通じた生物多様性保全ためのツールやガイドラインの開発などを行っています。

この活動説明会にご参加いただければ、JBIBの活動をより深く知り、実際に会員企業の方と直接お話しいただくこともできます。
ご関心をお持ちであれば、この機会にぜひご参加ください。

■開催日時:2021年3月11日(木)15:00〜17:00
■開催方法:Zoom(オンライン開催)
■主催:一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ
◎プログラム・お申し込みはこちら ( JBIBのWEBへ )



サステナブル・ブランド ジャパンでトヨタ自動車様への弊社足立のインタビューが掲載されました。
おしらせ | 2021/02/16

弊社代表足立がサステナビリティ・プロデューサーとして、トヨタ自動車デピュティ・チーフ・サステナビリティ・オフィサーの大塚友美様にインタビューした記事が、この度サステナブル・ブランド ジャパンのサイトに掲載されましたのでご紹介いたします。

モビリティカンパニーとして「幸せの量産」に挑む
・interviewee:大塚友美 様(トヨタ自動車 デピュティ・チーフ・サステナビリティ・オフィサー)
・interviewer:足立直樹(サステナブル・ブランドジャパン サステナビリティ・プロデューサー)

自動車をつくる会社からモビリティ・カンパニーへと変革を進めるトヨタ自動車は昨年、SDGsに本気で取り組むことを宣言し、新たな経営理念「トヨタフィロソフィー」を掲げた。社内外のさまざまなステークホルダーに向け、コロナ危機において「自動車が日本経済のけん引役になりたい」という強い思いを発信している。100年に一度といわれる自動車産業の大変革期に、同社はどのようなサステナビリティ戦略を描き、どのようなモビリティ社会の未来を描いているのか――。

続きはこちら(サステナブル・ブランドジャパンのWebへ)



いよいよお申し込み締切間近!サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜 開催のお知らせ(20% 割引コードをご案内しています)
おしらせ | 2021/02/12
サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜 開催のお知らせ 
<20% 割引 プロモーションコード:SBZRA200>

弊社足立がサステナビリティ・プロデューサーを務めるサステナブル・ブランド国際会議2021の開催をお知らせします。今年もプロモーションコード(20%の割引コード)をご用意しましたのでぜひご利用ください。

今、地球環境との共生に深く根差した持続可能なモデルへの転換が求められています。

それは、地球や暮らしの環境をREGENERATION(再生)しながら、構想・構築していくというモデルです。

不透明なポストコロナの中で、社会がよりレジリエントに生まれ変わるためにも、「REGENERATION」へと前進する。

ーー「サステナブル・ブランド」へのご参加が、その推進力となります。

WE ARE REGENERATION
■日程:2021年2月24日(水)・25日(木)※2日間開催
■会場:パシフィコ横浜 ノース(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
※ハイブリッド方式での開催(現地参加およびオンライン参加の併用)
■来場者数:3,500名(現地参加予定)
■主催:株式会社博展、Sustainable Life Media, Inc.(本社 米国)

◎プロモーションコード:SBZRA200
※お申し込みの際に、上記プロモーションコード(英字5桁+数字3桁:8桁のコード)をご入力いただきますと20%割引でお申し込みできます。

◎詳細・お申し込みはこちら( SB2021 YOKOHAMAのwebへ)



寄稿文 D&IR:「サステナビリティは企業価値になるか?」
おしらせ | 2021/02/10

投資家やNGO、そして消費者から、企業はサステナビリティを目指すべしとの声がますます強くなってきています。けれども、それは本当に意味がある行動なのでしょうか? 企業がサステナビリティを追求することは企業価値に、もっと言えば売上や利益に結びつくのでしょうか?

この度、株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所(D&IR)のサイトに弊社代表足立の寄稿文が紹介されましたのでご案内いたします。

■寄稿文:「サステナビリティは企業価値になるのか?」(D&IRのWebへ)



【メディア掲載】談論風爽レポート#3「生物多様性から見たパンデミック」
おしらせ | 2021/02/09

サーキュラーエコノミーに関するプラットフォームであるCircular Economy Hubは、一般社団法人サステナビリティ技術設計機構が主催するオンライン・コラム討論「談論風爽」のレポートを紹介しています。

この度、弊社代表足立が登壇した回が紹介されましたのでご案内いたします。

■談論風爽 第4回テーマ:「生物多様性から見たパンデミック」

レポートはこちらよりご覧ください。(Circular Economy HubのWebへ)


次へ>